鹿児島県日置市 5人殺害の裏に“通報事件”

鹿児島県日置市の民家で男女3人が殺害された事件で、県警は8日、殺人容疑で逮捕された岩倉知広容疑者(38)の供述に基づき、民家から約400メートル離れた山林内の空き地で新たに男女の2遺体を発見した。3人とは別に、行方不明となっていた民家の住人で同容疑者の祖母、久子さん(89)と父・正知さん(68)とみられる。同容疑者は「5人とも家(久子さん宅)の中で殺害した」と供述。引きこもりを続け、近所では“危険人物”として知られていた同容疑者はなぜ5人もの命を奪ったのか。その裏には“通報事件”があった。

8日に送検された岩倉容疑者は車内で顔を隠すこともなく、まっすぐ前を見据えていた。そこに後悔や反省の念はみじんも感じられない。

事件は6日午後3時45分ごろ、通報を受けた警察官が民家で3人の遺体を見つけて発覚。遺体は久子さんの長男の妻・岩倉孝子さん(69=薩摩川内市)、孝子さんの姉の坂口訓子さん(72=同)、近くに住む後藤広幸さん(47)だった。

この3人は、行方不明となっていた久子さんと、同居する久子さんの次男で容疑者の父・正知さんの安否を確認するためにこの家を訪れていた。県警によると、玄関近くの部屋の床で孝子さんと坂口さんが、少し離れた別の部屋の床に後藤さんが倒れていたという。岩倉容疑者は7日、後藤さん殺害の疑いで逮捕された。

翌8日、行方不明となっていた久子さんと正知さんの遺体が、岩倉容疑者の供述に基づき、400メートル離れた山林で発見された。遺体は性別の判断も難しいほど腐食が進んでいるという。

久子さんの孫にあたる岩倉容疑者は、警察の調べに「5人とも家の中で殺した」と供述。動機については「久子さんらからいろいろ注意されてうるさかった」と話しているという。

岩倉容疑者は高校を暴力沙汰で中退。その後、トラック運転手をしていた時期もあったようだが、長くは続かず、最近は引きこもり生活を送っていたという。

「当初は久子さんと父親と同居していたが、勝手に家の金や祖母の貴金属を盗むなどしたため、勘当され、数年前に実家近くのアパートに引っ越した。このアパートで同じ住民だったのが、殺された後藤さんだった」とは捜査関係者。

岩倉容疑者は高校時代からカッとなりやすい性格で、久子さんも「孫は短気で物を投げることもある」と周囲にこぼしていた。奇行も目立ち、両手に持った1メートル超の金属棒を振り回しながら近所を歩いていたりしたため、付近では危険人物扱いされていたという。

そんな岩倉容疑者を注意していたのが後藤さん。昨年2月には「(岩倉容疑者が)アパートの敷地内で鉄の棒を振り回して危ない」と県警日置署に相談していた。だが、この行為が同容疑者を刺激した可能性もある。

警視庁元刑事で犯罪心理学者の北芝健氏は「引きこもり生活は、裏を返せば“自分だけの心地よい空間”にいるということ。それを邪魔されるのを、この手の人間は嫌います。金属棒を振り回していたのは周囲への威嚇というよりも『俺の空間に入ってくるな』という意思表示。警察に通報した後藤さんが逆恨みされてもおかしくありません」と容疑者の心理を推し量る。

司法解剖の結果、後藤さんの死因は首を絞められたことによる窒息死だったが、顔面には殴打された痕があった。後藤さんにしてみれば、久子さんら一家を心配し、危険な孫を注意したというだけで恨みを買い、巻き添いにされてはたまったものではない。回避するためにはどうすればいいのか?

「予兆を見逃さないことです。外部との関係をシャットアウトし始めたらまず危ない。その後、言動が攻撃的になっていきます。警察に通報する場合でも、今回のように逆恨みされるリスクがある。交番に駆け込むのはバレやすいので、まずは警察署の生活安全課に相談するのがいいと思います」(北芝氏)

親族や親戚、親身になっていた近隣住民の5人殺害という最悪の結末となる前に何か手立てはなかったのか。

«

新着情報

2018.4.19
卒業論文
2018.4.11
鹿児島県日置市 5人殺害の裏に“通報事件”
2018.4.7
ひきこもり長期化、50歳 親亡き後、不安増す日々
2018.3.31
卒業論文
2018.3.31
避難・消火・通報訓練を行いました。
2018.3.18
17日  卒業生で自衛隊に入ったS君が里に挨拶に来てくれました。凛々しくなって頼もしく感じました。生徒達も刺激を受けてくれたと思います。
2018.3.15
卒業論文
2018.3.11
フットサル大会に参加しました。
2017.12.24
餅つき大会を開催しました。
2017.12.5
フットサル大会に参加しました。

協力企業

臨床心理士  石田まり子
継続就労支援A型
ほっと一息 管理者

総員

17名(男子生徒17名、女子生徒0名)
内バイト生徒 8名
16歳から50歳まで!